カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
  

ROCKABILLY

ロカビリー(rockabilly)は、1950年に誕生した音楽。

黒人音楽のロックンロールと白人音楽のヒルビリーが融合して生まれた。1950年代当時のロカビリーをピュアロカビリー(Pure Rockabilly)と呼ぶ。そして1970年代のパンクなど他のジャンルに影響を受けて1980年代に登場した新生ロカビリーをネオロカビリー(Neo Rockabilly)と呼ぶ。ロカビリーに欠かせない音楽的特徴として「スラッピングベース」奏法(コントラバスの弦を指で引っ張りつつ滑離し、低音とネックに当たる「カチッ」という中高音をミックスさせた音を出し、更に手の平で弦をネックに叩きつけてパーカッション的効果を出す)が挙げられる。1920〜30年代、黒人のスイングバンドでは必須の奏法であった。

歌い方はしゃっくりするように語尾をしゃくりあげるヒーカップ唱法、どもるように口ごもって発音するマンブリング商法、従来からのカントリー系の歌唱方法であるホんキートンク唱法、また楽器の特徴ではロカビリー、ブルー・グラス、ヒルビリー特有のウッドベース奏法であるスラップ奏法やカントリー、ロカビリーのギター奏法であるギャロッピング奏法が用いられることが多い。